傷んだ髪のケア

傷んだ髪のケア

傷んだ髪は、根本から見直しましょう

スポンサードリンク

傷んだ髪のケアをする際、いきなりヘアケア商品を使用するのではなく、シャンプーや洗髪の方法、食生活や生活習慣について見直すことが先決です。

 

なぜなら、髪の毛は自ら修復する機能を持ち合わせていないため、傷んだ髪のケアをしたいのであれば、頭皮の環境や髪質から改善していかなければならないからです。

 

具体的には、血行を促進する食べ物や、ビタミンミネラルを十分に摂取し、十分な睡眠を取ることを心掛け、紫外線や飲酒、喫煙をできるだけ避けるようにします。

 

また、シャンプーについては、ノンシリコンのシャンプーを利用すると良いでしょう。

 

髪を守っているシリコンは、あらゆる物質を引き寄せてしまう性質があるため、毛穴が詰まりやすくなります。

 

ですから、傷んだ髪のケアを考えるのであれば、ノンシリコンのシャンプーの方が、髪や頭皮、毛穴に負担を掛けることがないでしょう。

 

最後に、洗髪の方法についてですが、一番のポイントは十分にすすぐということと、コンディショナーは髪の毛のみにつけて、少々時間をおいてから洗い流すということです。

 

しっかり洗い流すと、コンディショナーの効果がないのではないかと考えてしまう人がいますが、そのようなことはありません。

 

頭皮にシャンプーやコンディショナー残ってしまった方が、髪の毛を傷めたり、頭皮にダメージを与えることにつながるのです。

 

このように、傷んだ髪のケアは簡単なものではありませんが、毎日取り組むことができれば、徐々に髪質が変化していきます。

 

ですから、最初は大変かもしれませんが、根気強く取り組んでいくようにしましょう。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ